エイブルネットワーク盛岡店
9:30~18:00
日曜日、月曜日、祝日
2019年06月09日
ブログ

歩くたびに「チャグ チャグ」と鈴の音

南部盛岡ならではの馬が主役の祭り。

「チャグチャグ馬コ」

馬を慈しみ、馬を愛でる気持ちがこめられています。

岩手の初夏の風物詩

滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで14.2キロを約4時間かけて行進する「チャグチャグ馬コ」は華やかな装束をまとい6月8日に行われました。

田園地帯を進み盛岡の中心部へ入ります。

乗り手の子どもの姿は特に可愛らしく、私たち見物客に手を振ってくれます。

馬を家族同様に大事にしてきた証と言える、この日の華やかな飾り付けには何百もの鈴がつけられて、歩くたびにチャグチャグと鳴り響きます。

馬コのひづめの音と調和して、とても和やかな雰囲気で優しく初夏の訪れを知らせてくれるようです。

古来より農耕に欠かせない馬コの勤労を感謝する祭りであるそうです。

そして神社に人と馬コの無病息災を祈願します。

私は中の橋から盛岡八幡宮の道のりで見学してきました。

八幡宮に着くと、長い道のりを重い装束をつけて歩いて来た馬コをねぎらう家族の方々の様子がとても優しく、普段から馬コを可愛がっておられるのだなと思いました。

馬コの瞳がとても優しく、人々に愛されていることを感じさせられます。

この「チャグチャグ馬コ」というお祭りが、これからもずっと継続してほしいと願っています。

来年もこの馬コたちが、元気で参加できますように。

 

住まいのご相談は是非エイブルネットワーク盛岡店へ

お問い合わせ  019-604-3344

arrow_upward