エイブルネットワーク盛岡店
10:00~17:00
日曜日、祝日(2月,3月無休営業)
2020年01月03日
ブログ

冬こそ「換気」しましょう!

現代の住宅は、気密性が高まった作りが多いです。時々窓を開けて、ハウスダストやこもった湿気を外に出し、きれいな空気をお部屋に取り入れましょう!

ハウスダスト

ハウスダストとは、肉眼では見えにくい小さなホコリのことです。(衣類の繊維クズ、ダニの死がい・フン、ペットの毛、花粉、カビ、細菌など)

ハウスダストは軽いので空気中に飛び散っています。

対策として、空気清浄機を使っている方も多いとは思いますが、窓を開けて空気の入れ替えをする方法もありますね。

換気の時間は5分~10分程度でもいいそうですが、できれば2つの窓を開けるか、サーキュレーターを使って空気を動かすと効果的ということです。

冬は窓を閉め切って、長い時間暖房器具を使う時間が長いです。

そんな時でも、思い切って窓を開けて空気の入れ替えをすると、冷たい空気が新鮮で、気持ちいいものです。

私は午前中、部屋が十分暖まった時、午後部屋の気温が上がりストーブを止めた時、夕飯の支度で湿度が高くなった時、夜寝る前…などに換気をしています。

時々、さぼり気味な日もありますけど…。

そういう時は、空気清浄機を使います。

 

結露

外気と室内の温度に寒暖差が生じるため結露が発生しますが、結露は「カビ」の原因にもなり、壁や建材、家具を傷めます。

結露による水分を壁が吸収することにより、カビが生えてしまいます。

素材によっては壁紙がはがれ、その中にカビが生えているのを私も実際見たことがあります。

また、湿度が高く結露しやすいお部屋は、家具などの裏側にカビが生える時がありますので、壁から少し離して空気の通り道をつくることをおすすめします。

壁と家具の位置をある程度離すことによって、たまったホコリを定期的にお掃除することもできますね。

お部屋の模様替えやお引越しのとき、配慮しておくと楽です。

 

…………………………………

 

寒い冬は窓を閉めっぱなしになりがちです。

そうすることによって、ハウスダストや結露で人にも家にもよくありませんネ。

ぜひ定期的に窓を開けて換気することを、おすすめいたします。

 

 

arrow_upward