エイブルネットワーク盛岡店
9:30~18:00
日曜日、月曜日、祝日
2020年01月12日
ブログ

「鏡開き」しました

年神様が宿ると考えられている「鏡餅」、1日遅れの鏡開きをしました。朝食は磯辺餅とぜんざいをいただきました!

鏡開きの意味

年神様が宿っているとされる鏡餅は昔からのしきたりとして、包丁など刃物で切るのは禁物とされています。

私は手で割り砕きました。

乾燥してはいるものの、わりと簡単にできましたよ。

お餅を丸める時、丸め方が下手でしたので餅に塩梅よく割れ目が入っていて、木槌を使わなくても大丈夫でした。

鏡餅を開くことで、年神様をお送りする意味があるということです。

ところで鏡餅はなぜ二段なのかと調べてみると、月と太陽、陰と陽を表しているのだそうです。

家族の無病息災を願いながらいただきました。

 

食べ方

最初に産直で買った手作り煮小豆を温めておきます。

また、磯辺餅のための「焼き海苔」「お砂糖を少し混ぜたお醤油」を用意しておきます。

 

お餅をストーブの上に置いて、じっくり時間をかけて焼きました。

今日は日曜日なので、このようなまったりした時間もとれました♪

表、裏とひっくり返しながら焦げないようにゆっくりと…。

そのうち、プーとお餅が膨れてきて部屋に香ばしい香りが漂います。

次に、そのお餅をお湯に入れ、粉を落としながら少しもみます。

お湯を切って、

砂糖醤油をつけて海苔に巻き「磯辺餅」

煮小豆とお餅を器に入れて「ぜんざい」にして、

いただきました♪

 

大きな鏡餅ですので、まだまだあります。

次はお雑煮、湯餅、餅ピザもいいなと考えています♪

お住まいのご相談はお気軽にエイブルネットワーク盛岡店へお問い合わせくださいませ。

TEL  019-604-3344

arrow_upward