エイブルネットワーク盛岡店
9:30~18:00
日曜日、祝日(2月,3月無休営業)
2020年01月06日
ブログ

歌人 石川啄木の銅像…(岩山にて)

盛岡散歩!石川啄木が盛岡の街と岩手山を眺めながら、なにかを考えているようだった…。年が明けて、寒いながらも見たここからの眺めは、最高に美しい冬景色でした。

岩山展望台のほど近いところに、歌人  石川啄木の銅像があります。

啄木の向いてる方向には、

盛岡の街と岩手山(2,038m)、そして横の方向に姫神山(1,123m)がそびえたっています。

岩手山は富士山に似て、その片側が削げているように見えることから「南部片富士」とも呼ばれているそうです。

また、姫神山は三角の形が女性らしいシルエットで美しいです。(写真は撮っていませんが)

 

また、ここからは望めませんが

北上山地の最高峰である、早池峰山は高山植物が季節によっていろいろな花が咲き誇ります。

「岩手山」「姫神山」「早池峰山」を三神とする伝説があるそうです。

私が小学生の頃、遠足で岩山に来たときにバスガイドの方が、啄木の短歌に曲を付けて教えてくださいました。

岩山を後にして小学校に到着するまで、10分~15分足らずだったと思いますが、バスの中でみんなで歌いました♪

今でも忘れず、歌えます♪

その短歌は

「柔らかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けと如くに」

啄木が、故郷渋民を偲ぶ歌だということです。

記憶に残るこの啄木の短歌は、これからも忘れることのない私の好きな短歌です。

 

お住まいのご相談は、お気軽にエイブルネットワーク盛岡店へお問い合わせくださいませ。

TEL   019-604-3344

arrow_upward