エイブルネットワーク盛岡店
10:00~17:00
日曜日、祝日(2月,3月無休営業)
2020年02月01日
ブログ

盛岡「毘沙門橋」

中津川にかかる「毘沙門橋」辺りを久しぶりに散歩してきました。見違えるほど橋がきれいなっていました!大寒とはいえ冬の終わりと春の到来を感じさせられる景色でした。

毘沙門橋→中ノ橋→紺屋町

毘沙門橋は盛岡城跡公園のすぐ近くにあります。
老朽化に伴う補修工事で、しばらく渡ることができませんでした。
冬になり私も散歩をさぼることが多くなっていたのですが、久しぶりにここら辺りまで来たら、すっかりお色直しをして、きれいになっていました。


調べによると、橋の高欄の取替と融雪を備えた舗装になったそうです。


冬に雪が降っても、快適に通行できそうですね。
私が高校生だった頃は木造だった記憶があるのですが…。
橋には草があちらこちらに元気に成長し、花まで咲いていたような。

珍しい「橋」だなと思ってました♪♪

毘沙門橋を渡ると、とても素敵な景色が広がります。

木の枝が、アーチになっていて四季折々の風景がとても美しいです。

中津川の水の流れと草花、そして川沿いの建物。

はるか向こうに山々。

この景色の中を歩く人がいれば、それもまた絵になります。

私はこの場所がすきです♪




向こうに「下の橋」があります。

「毘沙門橋」という音の響きもなんとなく良いですね。

ここらへんは昔、毘沙門淵と呼ばれていたそうです。

商売繁盛や厄除開運のご利益として有名な「毘沙門天」。

そんな願いが込められいるような気がしてなりません。


中ノ橋を渡り、左に岩手銀行赤レンガ館。

紺屋町方面へ…。


「ござ九・森九商店」は新物、日用品を扱っている雑貨屋さんですが盛岡市の保存建造物にも指定されている歴史のあるお店です。


「紺屋町番屋」

今はまわりの建物に埋れてしまいましたが、

昔はこの火の見櫓から

遠くまで見渡せたのでしょう。

きっと岩手山も!

見てみたかったなぁ…

江戸時代、明治時代の盛岡を。


お部屋探しは、エイブルネットワーク盛岡店へお気軽にご相談くださいませ。

TEL 019-604-3344
arrow_upward