エイブルネットワーク盛岡店
10:00~17:00
土・日・祝日(予約いただいた方のみ対応させていただきます)
2021年01月12日
ブログ

盛岡の老人ホーム、どんな種類がある?❻

こんにちは♪スタッフ一同、体調管理には人一倍気をつかっている「ナイスケア」です♪

数回に渡り盛岡にある老人ホームの種類についてご紹介してまいりました。

最後に「軽費老人ホーム」と呼ばれる施設についてご紹介します!

利用できるのはどんな人?

「軽費老人ホーム」という名前だから、安く利用できるのかな?と思うのではないでしょうか。

自立して生活することに不安のある身寄りのない人・家族による援助を受けられない人

が利用対象になります。

軽費老人ホームは地方自治体や社会福祉法人が運営する比較的少ない費用負担で利用できる福祉施設であり、大きく3つに分類されます。

軽費A型:家庭環境や住宅事情、経済状況などの理由から居宅において生活することが困難で、生活障害に応じた生活支援サービスや介護サービスを利用すれば自立した生活が維持できる低所得者向けの施設。

軽費B型:A型から食事サービスを抜き、介護職員も配置されていない。より住居の比重が大きい施設。

軽費C型:ケアハウスと呼ばれ、食事提供や見守りサポートを受けられる。更に一般型と介護型に分かれ、一般型は基本的にほとんど介護を要しない人が入居の対象。

介護型は要介護者を対象とし、常駐する介護スタッフから入浴や排泄などの介助を受けることが可能。介護度が上がっても退去を求められることはなく、看取りを行ってくれる施設もあります。

 

 入居条件は

 軽費A型・B型:60歳以上、所得が月34万未満、要介護者は利用対象外

軽費C型:一般型は60歳以上の高齢者または夫婦のどちらか一方が60歳以上            介護型は入要介護度1以上の65歳以上の高齢者

となります。

今後、軽費老人ホームはケアハウスに統一されていく傾向にあります。

軽費老人ホームは比較的低額で入居でき、自由度が高いことが大きな魅力的な点です。

ぜひ選択肢の一つに入れてみてください

****************************************

ナイスケアでは、様々な介護施設の中からご希望にそう施設をご紹介させていただきます。ご利用は最後まで無料です!

お問い合わせはコチラ♪ ☎0120-039-008 ✉️nicecare@nicejapan.jp

arrow_upward