エイブルネットワーク盛岡店
10:00~17:00
土・日・祝日(予約いただいた方のみ対応させていただきます)
2020年12月18日
ブログ

不動産売却の媒介契約とは?

こんにちは!本日も盛岡の売買物件を検討されている方への情報を発信していきます。

今回は不動産物件を売却する際に必要な媒介契約について紹介します。

3つの種類の媒介契約とポイント

一戸建てやマンションなどの不動産を売却する場合には、不動産仲介業者との間で媒介契約というものを結ぶことになります。

媒介契約には3つの種類があります。

・専属専任媒介契約

・専任媒介契約

・一般媒介契約

それぞれにメリットやデメリットがあることから、契約を結ぶ前にそれぞれの利点、注意点などを知る必要があります。

 

◎専属専任媒介契約

特定の不動産会社に媒介(仲介)を依頼して、他の不動産会社に重ねて依頼できない契約です。

契約の有効期限は3カ月以内となっており、業者は3カ月以内に買主を見つける必要があります。

このため、この契約の方が業者としてはやる気を出して臨んでくれることになります。

売主への報告義務というものも定められており、1週間に1回以上は報告をしなければなりません。またレインズと呼ばれる指定流通機構への登録義務もあり、そこに登録することで多くの不動産屋にその物件があることが知らされ、契約が決まることもあります。

依頼者は自ら買主を見つけることができないため「友人が買ってくれることになったから」と契約を取りやめることはできません。

 

◎専任媒介契約

専属専任媒介契約と同様に特定の不動産会社に媒介を依頼して、他の不動産会社に重ねて依頼できない契約です。

不動産会社は依頼に対して2週間に1回以上の頻度での活動状況報告、媒介契約締結の翌日から7日以内に媒介する不動産情報を流通機構(レインズ)に登録する義務があります。

しかし専任媒介契約では、依頼者は自ら買主を見つけることができます。

 

◎一般媒介契約

複数の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができる契約です。

不動産会社には、活動状況報告の義務や流通機構(レインズ)への登録義務もありません。

依頼者は自ら買主を見つけることもできます。

 

有効期間はいずれも3ヶ月以内です。

査定結果においてかなりの高額を提示したところであっても、実際にその値段で売れるかどうかはわからないため、時間だけをただ浪費する結果に終わることもあり、注意が必要です。

 

実際にどのタイプの契約を選ぶかは、売却したい時期までの余裕期間や、希望する売却価格などに応じて決めるようにすると良さそうです。

 

*************************************************************************************

 

エイブルネットワーク盛岡店

お問合せ:TEL 019-604-3344

store

会社概要

エイブルネットワーク盛岡店
arrow_upward