エイブルネットワーク盛岡店
10:00~17:00
土・日・祝日(予約いただいた方のみ対応させていただきます)
2020年12月14日
ブログ

盛岡の老人ホーム、どんな種類がある?➍

こんにちは!ナイスケア、今回は引き続き盛岡市内の老人ホームについてお話して行きたいと思います♪

今回は特別養護老人ホーム(以下、特養)に注目していきましょう!

特養は待機が多くてなかなか入れない?

特別養護老人ホームは公的な介護保険施設なので、民間が経営する老人ホームに比べて 低料金で利用でき、まとまった入居一時金等は不要で月額費用のみかかります。

やはり重介護者の保護に重きが置かれているため、65歳以上で原則的に要介護度が3~5であることが入所の条件です。

ちなみに要介護3を身体状態でいうと、「自分で立ち上がりや歩行ができない。また、排せつや入浴、着替えについて全面的な介助が必要な状態」が例として上げられます。

24時間介護体制が整っており、看取りも行われるため終の棲家となりうるでしょう。

特養は医療体制が整っていない場合もあり、看護師の夜間常駐は義務付けられていません。特定の医療行為が必要な場合は、施設が対応可能かどうか確認することが大切です。

特養の種類は大きく分けて3種類あります。

広域型:定員が30名以上で、日本全国どこにすんでいても申込可。

地域サポート型:地域で在宅介護生活をしている住民を対象に24時間体制の見守り等を行う特別養護老人ホームで、都道府県が認定。

地域密着型:定員29名以下の小規模施設で、施設と同じ市町村に住民票がある方のみ。

地域密着型特養や地域サポート型特養は、団塊の世代が75歳を迎える2025年に向けて、地域介護の拠点として多様な機能を発揮していくと思われます。

 

さて、

「特養は待機が多くてなかなか入れない。」

と風の噂で耳にしたことはないでしょうか?

現時点では、盛岡市内の特養はその傾向が高いです。

特養は申し込んだ順ではなく、緊急性の高い人が優先されるため短くて数ヶ月、

長ければ数年単位でまたなければならないでしょう。

そのため多くの待機状態の人は、民間の老人ホームや老人保健施設(※次回詳しくご紹介します。)に一旦入居し、声がかかるタイミングを待っているのが現状です。

今回は特別養護老人ホームについてご紹介させていただきました。

ぜひ参考になさってください♪

***************************************

ナイスケアでは、特養・老人ホーム等の入所のご相談を無料で承っております。

ぜひ、お気軽にご連絡ください!☎0120-039-008 ✉niecare@nicejapan.jp

 

 

arrow_upward