エイブルネットワーク盛岡店
10:00~17:00
日曜日、祝日(2月,3月無休営業)
2020年08月24日
ブログ

コロナウイルスについて理解できていますか?

こんにちは、ナイスケア熊谷です。

皆様、突然ですが今コロナウイルスが蔓延しています。

そんな中コロナウイルスが怖いとうイメージだけが先行していませんか?

病態を知り対策をするという事は、自分の命や家族、親戚の命をも予防することになります。なのでこの記事を見てくださっている方の感染予防に少しでも役立てたらなと思います!!

まず、新型コロナウイルスの感染源についてお話しします。

コロナウイルスの感染源は飛沫感染や接触感染からの感染が濃厚とされています。

では、飛沫感染や接触感染とは何なのか?

「飛沫感染」とはそのウイルスを持っている人がくしゃみ、咳、つばなどからウイルスが放出し、それが別の人の鼻や口などに入り、感染することを言います。ウイルスを持っている人の一回のくしゃみや咳などで30cm~80cmウイルスが飛沫すると言われています。

そのため、マスクを着用しウイルスが入ってこないようにしましょうという事なんですね。なので距離が離れていても安心という事は絶対にないので気を付けましょう。

次に、「接触感染」とはウイルスを持っている人がくしゃみなどで手についてしまい、その手で触れた物にウイルスをもっていない人が触れて鼻を触ってしまったり、手洗いうがいをしないまま何かを食べ感染してしまう事なんですね。ウイルスは粘膜から侵入して感染します。健康な皮膚などからは入り込むことができず表面についたウイルスは石鹸などで壊す事ができます。なので手洗いうがい、消毒が必要なんです。

ではコロナウイルスによってどんな症状が現れるのかをここから説明していきたいと思います。

一般的には、のどの痛みや、咳、発熱、味覚、嗅覚の変化と言われていますが、中にはこういった症状が一切出ずにお仕事に行ったり遊びに行ったりして、違う人に感染してしまいます。

また、この症状が悪化してくると「肺炎」とい症状が現れます。

咳がひどくなり、肺に負担をかけすぎてしまい呼吸が厳しくなり、呼吸ができなくなってしまい亡くなってしまう。肺の機能にかかわらず、すべての体の機能が年齢と共に下がっていってします。なので高齢になればなるほどそうゆう状況になりやすいという事なのです。

なので少しでもおかしいと思ったときはすぐに病院を受診して、感染源を断つこと早期発見をすることが必要になってきます。

最初にお話ししましたが、病気を理解していて予防するのと理解していないで予防するのでは全くと言っていいほど違います。

誰かが感染したから自分もという考えではなく、誰かに感染しないように自分が予防するという事を心がけていきましょう。その行動一つで誰かの命を救うことになります。

 

みんなの力でコロナを乗り切りましょう!!!

arrow_upward