エイブルネットワーク盛岡店
9:30~18:00
日曜日、祝日(2月,3月無休営業)
2020年03月03日
ブログ

老人ホームの食事はどんな感じ?

老人ホームの食事に、質素な印象を持つ人は少なくないでしょう。
しかし、最近の老人ホームの食事は、食べる喜びを感じられるような工夫を凝らしています。
そのため、食事に対する入居者の満足度も高まっているのです。
では、老人ホームの食事はどんな感じになっているのか、ご紹介していきましょう。


■老人ホームで提供される食事形態について
老人ホームでは、ミキサー食、きざみ食、とろみ食、ソフト食、水分補給食、常食といった食事形態が提供されています。
老人ホームなどの介護施設では、入居者の飲み込む力に合わせた食事が提供されます。
飲み込む力が弱まっている入居者には、食事をミキサーにかけてどろどろにしたミキサー食や細かく刻んだきざみ食を提供するという考え方が一般的でした。
しかし、ミキサー食やきざみ食は、見た目がどろどろになっているので食欲が湧きにくいだけでなく、誤嚥のリスクが高いと考えられるようになってきたのです。
そこで新しく考えられたのが、ソフト食です。
ソフト食は、食材の形や色を活かしながら、入居者が食べやすい柔らかさにした食事のことを指します。
見た目が美味しそうなので、これまで食事をあまり摂れなかった入居者の食事をソフト食に変えたことで食事量が増えたという事例もあるので、ソフト食の導入は効果的だと言えるでしょう。



■食事に力を入れている老人ホームは増えている
最近の老人ホームでは、食事に力を入れているというケースも増えています。
メニューのバリエーションを増やすことで、入居者が飽きないような工夫をしています。
醤油ラーメンやトマトスパゲッティ、唐揚げなど、一般的には提供されないだろうと思われがちな料理を提供する老人ホームもあるくらいです。
また、老人ホームによっては、その日の気分によって食事を選べるというケースがあります。
例えば、朝ごはんはパンかご飯を選べる、夜はメインの食事以外にカレーやスパゲッティを選べるというような食事スタイルです。
食事のシステムは老人ホームによって異なるので、入居前にチェックしておくことをおすすめします。


老人ホームの食事はかつてのイメージと異なり、多様化しています。
どんな食事を提供しているかは、老人ホームごとに違う特徴を持っているので、事前見学の時にチェックしておくと良いでしょう。
食事の時間に見学ができない場合でも、見学時に対応してくれた介護スタッフの方に尋ねれば、どんな食事を提供しているか教えてくれます。

この記事を書いた人
尾崎 健太(ナイスケア) OZAKI Kenta
尾崎 健太(ナイスケア)
☆趣味はスポーツで身体を動かすことです! ・ ・ ・ 沿岸出身です。この仕事を通じて老後の生活に不安を抱えている方々のお手伝いができるよう日々取り組んでいます。新しい住まいについて考えてみませんか?将来、この紹介サービスが根付き、誰でも気軽に相談できる日がくることを願っています。
arrow_upward