エイブルネットワーク盛岡店
9:30~18:00
日曜日、月曜日、祝日
2019年12月10日
ブログ

ナイスケア三浦のナイスな一日 #6

 

みなさんこんにちは!

ナイスケア老人ホーム・介護施設紹介センター相談員の三浦です。

 

先日のブログで「ナイスな出来事」とお話しましたが、

経緯も含めてご紹介したいと思います!

 

 

親子で二人暮らしのAさん

 

出会うきっかけとなったのはケアマネージャーさんからのお問い合わせ。

急なご病気で倒れてしまい、大きな病院へ救急で運ばれたAさん。

 

適切な治療とAさんの頑張りもあり、何とか一命は取り留めるものの、

腕や足に後遺症が残るかもしれない状況でした。

 

そこからリハビリ専門の病院へ移り、毎日一生懸命リハビリをされていました。

 

・このまま生涯を終えてしまうのではないか

・元のように動かせるようになるのか

・この先なにをしたらいいのか

 

Aさんもご家族も、とても不安だったと思います。

 

 

1か月ほどすると何とか車イスで移動することができるようになり、

手すりなどつかまるところがあれば、立って歩くことも少しならできるようになりました。

これには病院の職員さんも、ケアマネージャーさんも、私も驚きました。

リハビリの先生が素晴らしい方という事も勿論ですが、

小柄なAさんが一生懸命にリハビリされる姿を想像したら、

目頭が熱くなりました。。

 

1つ目のナイス!は、後遺症を直そうと頑張り、克服したAさんのこと。

 

受け入れてくださった施設さん

 

Aさんのお住まいは2階にあり、退院後に生活するのは難しいだろうと

施設を探すことになりました。

 

Aさんは生活保護を利用されて生活しておりましたので、

市役所の担当者さんと協力が必要でした。

 

実は、、「すべての施設が生活保護に対応できるわけではない」

という状況があり、ご提案できる施設にも限りがありました。。

 

ご家族がお見舞いに伺いやすい地域、

定期的な通院もしやすい地域、

Aさんの意志を尊重してくださる優しい職員さんがいる施設、、

 

様々ご事情がございましたが、

全て受け入れてくださる施設さんと出会うことができました!

 

 

お電話で話しいても、やわらかく親身に相談にのっていただき、

Aさんのご事情に応じて、柔軟にご対応いただきました。

(片道10km以上先の病院へお迎えにも来てくださるとのこと!)

 

私も自信を持ってAさんや、ご家族にお伝えできる。。

そう感じました!

 

2つ目のナイス!は、ステキな施設さんとの出会いがあったこと。

 

ご入居当日、Aさんとのやりとりで。

 

住所の異動や、生活保護給付費の申請も完了し、いよいよご入居。

施設のご入居には介護保険の利用が必要で、

その場合は必ず利用者さんを支援する担当者が付きます。

 

たとえば、、

色んなサービスを取りまとめるケアマネ―ジャーさんだったり、

お掃除など手伝ってくれるヘルパーさんだったり、

介護用のベッドや車いすの福祉用具さんだったりです。

 

みなさんとご挨拶が終わり、これからの生活を皆で話し合って決めましょうという

担当者会議も終わりました。ナイスケアはひとまずここで一区切りになります。

(ご入居後も近くを通るときは皆さんの所へお邪魔してお話を伺いに行きますよ)

 

 

ありがとう。

そして

ご入居おめでとう。

の意味を込めて、ささやかながらお祝いを贈らせていただきました。

 

 

Aさん大変喜んでくださって、目に涙を浮かべながら

こうおっしゃっいました。

 

「はじめに倒れたときは、もういよいよかなと思った。」

「だけど皆さんに支えられて、今ではこうやって安心して住むところも見つかった。」

「本当に良かった。ありがとう。」

 

とても感動しました。

上手に言い表せないですが、Aさんが喜んでくださって本当に良かった。

Aさん、こちらこそありがとうございます。

そしてケアマネさん、施設さん、サービス事業者さん

ご協力ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

そんなナイスな出来事がありました。

 

これからきっと出会う皆さんへ

 

ナイスケアはいつでも皆さんの代行者として、

施設をお探しします。連絡や日程の調整をします。

できることなら何でもお手伝いします!

 

もっと良い提案ができるように日々邁進しておりますので、

気になる事があればお電話もしくは、エイブル肴町までご来店ください。

もちろん不動産のご相談も喜んでお受けします!

お気軽にご利用ください(・∀・)♪

 

以上です!!

この記事を書いた人
三浦 翔太(ナイスケア) MIURA Shota
三浦 翔太(ナイスケア)
☆不明なことは何でもご相談ください! 生まれも育ちも盛岡市。学生時代は野球に打ち込み、現在も趣味で続けています。ナイスケアでは、介護が必要な皆様へ施設探しのサポートをしております。ご希望に沿って誠心誠意ご提案し、施設のご見学も完全無料でお手伝いします。どうぞお気軽にご相談ください!
arrow_upward